銀色の波

b0341869_10191047.jpg
今朝は残念なことに降雨。シトシトですが、降り続いています。昨日までの
快晴がウソみたいです。紅葉の木々も美しいですが、ススキの穂が広がる高原の
景色も天気が良い日はこのような感じで綺麗です。逆光で見るススキは群生して
いるので銀色に見えます。さらに、風でなびくと波のような感じに。

秋になり日が暮れるのが早くなっているので、3時くらいから、このような
景色が車山周辺で見ることができます。この写真は大門峠の交差点を
通り過ぎてすぐの場所です。タイミングが良ければ、このススキの中から
顔をのぞかせる鹿の姿が見られることも。

# by ri-bonheur | 2017-10-12 10:29 | 自然 | Comments(0)

景色の変化

b0341869_16365130.jpg
毎年、この時期に観光協会で行う鹿除けの電気柵の撤去作業が朝からありました。
作業終了後、みんなで和気藹々と昼食をとった後、下に降りる用事があったので
皆さんより少し早めに上がらせてもらいました。その後、白樺湖を通り過ぎた際
に見た景色が綺麗だったので、ちょっとだけ車から降りて撮影。一週間前の
景色とはガラリと変わって、一面の紅葉が広がっていました。

少し残念だったのは、この撮った位置の反対側(カメラを向けているのと逆の)
の空はいわし雲があり、いかにも秋といった青空。でもご覧の蓼科山側は雲が一杯。
さすがに雲が通り過ぎるのを待つわけにもいかず、目的の場所に移動。ここが
標高1400m位なので、徐々に紅葉の場所も下に下に降りていきます。
蓼科はもう少し先ですね。秋の美しい景色を楽しめる季節が始まりました。


# by ri-bonheur | 2017-10-11 16:58 | 自然 | Comments(0)

秋の夜長を

b0341869_18133756.jpg
7月の初め頃にブリューゲルの「バベルの塔」の表紙と帯のコピーにつられて
(笑) 購入、途中まで読んで積読していた上の本をまた読み始めました。

興味深いテーマですが、分厚い割には繰り返し書かれていることが多く
上下に分けなくても良かったんじゃない?といった感じ。

同じ著者の別の本も先月購入したのですが、こちらはこれから
取り掛かる予定ですが、こちらも「98年、ピューリッツァー賞受賞!」
につられて購入。(笑) 売れた本と良書というのは別という事に
今度こそ気付かされるのか。どうなるでしょう?

『良書を読むには悪書を読まぬことを条件とする。
人生は短く、時と力とは限られているから。』
(ショウペンハウエル)

「そうは言っても、読んでみないと分からないでしょ?
ショウペンハウエルさん。」

# by ri-bonheur | 2017-10-09 18:35 | 趣味 | Comments(0)

廊下にも秋の彩りを

b0341869_21334618.jpg
廊下の突き当りにちょっとしたスペースがあり、そこに裏庭で色づき始めた
カエデの葉を飾ってみました。全部きれいに赤く染まった葉もいいですが、
このようにいろんな色が入り混じった葉も趣がありますね。マダムの創作で
廊下でもお客様に秋の雰囲気を楽しんでいただきました。

# by ri-bonheur | 2017-10-08 21:40 | 花、ハーブ | Comments(0)

紅葉の情報

b0341869_08395319.jpg
朝夕の冷え込みが、かなり厳しくなってきました。一桁の気温になる事も
しばしばあります。今年は紅葉の進み具合も例年より早いと思います。
白樺湖から下の大門街道も標高の高い場所から徐々に色付いてきました。

千畳敷カール、北横岳など近くの紅葉の有名な観光地では今が見頃なのだとか。
この連休はかなりの人出でにぎわうでしょうね。車山山頂も標高は2000m
位ありますので、爆裂火口の辺りでは紅葉のきれいな樹が見れて秋の景色
を楽しむことができます。お越しの際、天気が良い日は、是非山頂まで
上がってみてください。おススメです。ただ、下ではポカポカ暖かくても、
リフトで上がると「ここは冬?」と感じる事もよくあります。ウインド
ブレーカー、ダウンジャケットなど防寒の衣類のご用意をお忘れなく。



# by ri-bonheur | 2017-10-07 08:52 | 情報 | Comments(0)