<   2016年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

燻製の準備中

b0341869_22041675.jpg

近くの渓流で釣った岩魚。25cm位のちょうど良いサイズを揃えてキープ(釣った魚を持って帰ること)。久しぶりに
燻製作りにトライ。とりあえずソミュール液に17時間漬け込み、余分な塩分を流水で抜き、風乾中。美味しいのが出来るでしょうか?


by ri-bonheur | 2016-06-30 22:11 | 料理 | Comments(0)

霧の1日

b0341869_22585709.jpg

ほぼ1日、霧に包まれた一日でした。しかも寒い。フリースを着ていても、ちょうどいいくらい。


by ri-bonheur | 2016-06-28 23:01 | 自然 | Comments(0)

1割くらい開花

b0341869_13571538.jpg
雨が上がった後の晴れた空って良いですよ。いつもきれいな青空ですが
さらに雨で浄化されているような気持ちになるからでしょうか?

車山高原のニッコウキスゲですが、車山ビジターセンターの情報では、現在1割くらいが開花している
とのことです。リフトに乗っていたり、歩いていると、チョコ、チョコっと咲いているのが見える
感じですかね。今年はやはり蕾が多いようですので、期待できそうですね。
写真は山に行った際に撮ってきます。お楽しみに!

昨日のお客様は大阪からお越しの方達で、お話しをしていると、最近もうすでに
真夏のような暑さで、「夜寝ているときもクーラーをつけっぱなしです」と
おっしゃっていました。「ここは、寒いくらいですね」とも。昨日は特別気温が
下がりましたので、夜間で13度位。未明はもっと低かったはずです。pm2時の現在は
17度。涼しいを通り過ぎて薄着ですと寒く感じます。夏は避暑でいいですよ、と
よく言いますが、この梅雨の時期から気温差がかなりあるので、暑い街中から涼みに
車山高原にお越しいただき、涼しさを楽しむ休日を過ごすのも良いのでは、と
昨日のお客様の雑談から感じました。お越しの際には、薄手のニットなどのご用意をお忘れなく。


by ri-bonheur | 2016-06-26 14:17 | 情報 | Comments(0)

ピッコロ大魔王?にこちゃん大王?(笑)

b0341869_20115095.jpg
鳥山明のキャラクターで上の野菜に似たのが2つあります。そう、今日のタイトルがそうです。
気になる方は是非、googleでチェックを!参考にしたのかどうか分かりませんが、似ています。(笑)

キャベツとカブを合わせたような野菜ということで、ドイツ語のkohl(キャベツ)とrabi(カブ)
を合わせたものが語源だそうです。アブラナ科で和名はカブカンラン、カブタマナなど。味はというと
キャベツの芯やブロッコリーの芯に似ています。甘味も少しあります。今日の肉料理の付け合わせに使いました。

それにしてもシュールな形状ですね。(笑) 地元農家がいろいろ勉強して、珍しい野菜を頑張って
栽培してくれるので、料理の作り手としては、とてもありがたく感じています。しかもそれぞれの野菜の
クオリティが高いのです。サラダ用の葉物野菜も種類がドンドン増えてきて、こちらが知らない野菜も
あり、名前を覚えるのが追い付かないくらい。気温が上がってくるにしたがって、地元で収穫される
新鮮な野菜が多くなってきます。特にこれからは野菜のおいしさも際立ってきますので、色々楽しんで
頂きたいです。生産者市場などで他の野菜もたくさん並んでいますので、お土産にも良いですよ。




by ri-bonheur | 2016-06-25 21:20 | 料理 | Comments(0)

初心に戻って

b0341869_13351971.jpg
ここのところ、ズーッとシグマの17-70f2.8-4のズームレンズをつけっぱなしでいましたが、最近
思うところがあり、一眼レフを購入した際に同時に手に入れた単焦点の35mmに交換することに。

ズームレンズってリングを回すだけで画角が簡単に変えられ、あまり考えないで突っ立ったまま
クルクル回してバシャ、バシャ、シャッター切ってOKみたいな。(ちょっと言いすぎかな?)
確かに便利でどこへ行くのにもこれ一個でイケるんじゃ?って思っていた時期もありましたが、
最近撮った写真を見ていたら、雑になっている?という感じがしたので、初心に帰ってという事で
35mmにチェンジ。センサーがAPS-Cなので35mm換算で大体50mm。人間の視覚に近い画角なので
クセの無いレンズです。でも、クセが無いということは特徴もあまりでないので、難しいとも言えるのですが。

とにかく、自分の足を使って引いたり寄ったりをして、当分このレンズで勉強しようと思います。

これから一眼レフやミラーレスのカメラを購入しようと思っている人には50mm相当の標準レンズを
まず一本購入して、色々撮ってみることをお勧めします。レンズの構成がシンプルなので
値段もお求め安くて、逆光にも強く、暗い場所でも手持ちで大丈夫とか、小さいので軽く
持ち運びが楽とか、憧れの背景ボケを簡単に作れるとか。メリットいっぱいです。 (^^)/ 

by ri-bonheur | 2016-06-24 13:37 | 趣味 | Comments(0)

ボヌールの庭で今、一番目立っているのは●●●●

b0341869_20193792.jpg
雨が続く梅雨時期の鬱陶しさを晴らしてくれるような、鮮やかな色の花が前庭と駐車場の前にたくさん咲いています。
名前は「ルピナス」マメ科の植物で藤の花をひっくり返したような姿から「昇藤」(のぼりふじ)とも言われています。

ルピナスの語源はラテン語でオオカミを意味するループスから来ているといわれ、どんな土地でもたくましく育つという
オオカミからの連想という説と、もう一つはギリシャ語の悲哀を意味するルーペからという説もあります。ルピナスの豆は
苦くて、これを食べた人が苦虫を噛み潰したような顔になる事が根拠という説があるようですが、どちらが本当でしょう?

多年草でそれほど世話をしなくても育ってくれて、しかも、色とりどり華やかに咲いてくれるのでとても重宝しています。

あと一週間くらいが見頃です。それと、やっと花が見れるようになったのがヤマボウシ。標高が高い場所なので、咲くのも
遅いです。これもあと2週間弱くらいはきれいに咲いてくれるでしょうか?去年は咲くには咲いたのですが、花びらが緑
のまま、白くならずに花の時期を終えました。今年は白く美しく咲いています。次々とバトンタッチして咲いてくれる花
ですが、以前はあまり名前など知らなかったのですがブログで書いたり、写真を撮るようになってかなり名前を覚えました。
お客様に教えてもらったものも幾つかあります。高原の山野草も良いですが、ボヌールにお越しの際には庭の花もお楽しみ下さい。

by ri-bonheur | 2016-06-23 20:45 | 花、ハーブ | Comments(0)

早くも

b0341869_20083132.jpg
ビーナスラインの白樺湖から車山に向かう途中でニッコウキスゲの開花が見られます。まだまだ、ほんの少しですが
日当たりの良い場所で、鹿の食害に遭わずに済んだ株だけ。車山の下の方ではこれからでしょうか?時間があれば
リフトに乗って山頂まで見てきたいと思います。乞うご期待!

美ヶ原ではレンゲツツジが只今見頃を迎えているようです。車山からは一時間のドライブで到着しますので
是非お越しの際には行っていただきたいポイントです。7月上旬まで見られるそうです。

最近ビーナスラインで鹿をあまり見かけなくなっているので、頭数が減っているのかも。
駆除の活動の効果が出てきているのかもしれません。ひょっとすると今年はニッコウキスゲが
たくさん咲いてくれるかもしれませんね。いまから楽しみです。

by ri-bonheur | 2016-06-22 20:17 | 花、ハーブ | Comments(0)

リトライ

b0341869_22140698.jpg

前日におろしたてのルアーを銜えたままラインを切って逃げたアマゴを、その翌日に捕らえました。

多分、ラインの先端部分で擦れて傷んでた部分が切れたのでしょうが、「あっ!」と思ったときには時すでに遅く
体を横にしてバタバタしながら流れていく尺はあると思われるアマゴが目の前から消えていきました。

もう呆然自失でした。しばらくボーッとしたまま座り込み、川面を眺めて。ラインのチェックを怠った自分が
悪いのですが、悔しくて。そして、翌日の早朝、同じポイントに行って5回目のキャストで前日と同じ重いアタリ。

数分のやり取りの後にようやくゲット。メジャーを当てると31センチ。ギリ、尺越えでした。(^^)
アマゴの尺越えは本当に久しぶりだったので、めちゃくちゃ嬉しかったです。やはり口元にはフックの跡が
ありましたので、前日のアマゴだと思われます。あの後上手く外したのか、ルアーはどこかへ行っちゃってました。(泣)

厚みのある魚体と幅広の体高、大きな尾ひれにパーマークのほとんど見えなくなった体側、朱色の点が鮮やかで
鱗の剥がれも無く、完璧なアマゴでした。幅約3メートルの流れの中で棲んでいるのが不思議です。

今回は狙ったとおりに獲ることができ、上手くいきましたが。こんなことはめったにありません。
ほとんどが、失敗して「やっぱり無理か……」と落胆することのほうが多いです。

そこで、イギリスの「釣魚大全」で著名な随筆家アイザック・ウォルトンの言葉、「魚釣りは奥深い数学のようなものだ。
誰も完全にマスターすることはできない」  なるほど、だから、いつまでも楽しいのでしょうね。



by ri-bonheur | 2016-06-20 22:43 | 趣味 | Comments(0)

コーナー出口に停めている車にご注意を

b0341869_09190559.jpg
この梅雨時にとても元気なのが、このようなシダ類。この写真のシダはヤマドリゼンマイといいます。
あと、ワラビもあちこちで生え始めています。このワラビの採集が目的で車で来ている方がビーナスライン
に多いので、特に平日、運転に注意が必要です。あまり考えないで駐車しているのでしょうか?
コーナーの先が見えない曲がり角に車をドンと置いているのを、よく見かけます。ハンドルを切って
コーナーの出口付近でいきなり視界に車が入ってきますのでビックリします。狭い路肩しかない
道路ですので、対向車が向かってきている時などは、かなり危険です。(-_-メ) 

この時期にお越しの予定の方は運転の際、少しこれらのことを頭に入れておいてください。
せっかくの楽しい旅行が、事故などを起こしては、台無しですからネ。



by ri-bonheur | 2016-06-19 09:39 | 自然 | Comments(0)

紅茶とシナモンのブリュレ

b0341869_23113238.jpg


本日のデザートはココナッツのアイスクリームとフルーツ4種に紅茶とシナモンのクレームブリュレ。ボヌールでは
生クリームと牛乳を混ぜたものと、こだわりの卵を使っています。松本市島内産の「信州黄金たまご」。飼料から親鳥の
健康に配慮したものをということで、ゴマ、海草粉末を含めたものを与えているそうです。ちなみに、この卵を使った卵かけご飯は
最高に美味しいです。(^^)そして、牛乳は以前ブログで紹介した中温殺菌で少量生産の「オブセ牛乳」。
シンプルなお菓子なので、素材にこだわるのは大事なことだと思っています。もちろん体にも優しいものを。

アイスクリームはというと、気温が高く夏っぽい感じになってきましたので、山の中ですが
ココナッツのアイスクリーム。これも以前からボヌールでよくお出ししている氷菓です。

フレッシュのフルーツは自分が好きなので、できるだけ数種類用意して楽しんで
いただけるようにと考えています。お皿の彩りも華やかになりますからね。今日もカラフルになりました。


by ri-bonheur | 2016-06-18 23:37 | 料理 | Comments(0)